北海道には希少種を含む様々な野生動物が生息し、その多くが他の地域では見られない固有種です。一年を通して様々な野生動物と遭遇するチャンスがあり、クルーズやカヤックなどのアクティビティとセットになった野生動物観察ツアーも用意されています。


© Shiretoko Shari-cho Tourism Association

年間を通して野生動物を観察できます

日本の他の地域では見られない、様々な希少動物との出会いが待っています。野生動物観察ツアーが年間を通して開催されていて、季節によって次のような動物を見ることできます。

春~秋:ヒグマ、シャチ、イルカ、クジラ、アザラシ、タンチョウ
冬:タンチョウ、オオワシ、オジロワシ、オオハクチョウ、アザラシ

通年:エゾシカ、キタキツネ、エゾナキウサギ、エゾリス、エゾフクロウ、シマフクロウ

特に注目したいのがヒグマ、タンチョウ、オオワシなどで、世界自然遺産の知床や釧路湿原など、主に道東で観察することができます。

ヒグマは北海道だけに生息する象徴的な動物で、日本国内では最も大きい陸生哺乳類です。タンチョウも他では見られない北海道の固有種であり、その生息域はほぼ道東に限られています。一面の雪景色を背景に、タンチョウの特徴的な赤い冠のコントラストが際立つ冬は、タンチョウ観察に絶好の季節です。

キタキツネ、エゾシカ、エゾリスも、本州とは異なる北海道の固有種です。道内各地でその愛らしい姿に出会えるチャンスがあります。

北海道にはバードウォッチングにぴったりの場所もたくさんあります。冬には日本最大の鳥類オオワシが道東に飛来し、春と秋には札幌に近い湿地、宮島沼に6万羽以上のマガンの群れが飛来します。北海道北西沿岸の天売島は、世界でも有数の海鳥繁殖地で、春から初夏にかけてウミガラス(オロロン鳥)やウトウなど希少種の群れを見ることもできます。

野生動物 × レクリエーション・アクティビティ

道内各地で野生動物観察ツアーが用意されています。陸上でヒグマに遭遇するのは非常に危険ですが、知床クルーズに参加すれば、安全な距離からヒグマを観察することができます。春から秋にかけてはヒグマが見られる確率が特に高くなっています。

知床半島の羅臼エリアのネイチャークルーズでは、5月から10月にかけて10種類以上のクジラの姿が見られます。シャチに出会えるチャンスは、何と言っても6月です。

多くのツアーはアクティビティとセットになっています。5月から10月にかけて、襟裳岬では、絶滅危惧種ゼニガタアザラシとの出会いを期待しながらシーカヤックを楽しむことができます。ゼニガタアザラシは5月~6月に繁殖するので、もしかしたら可愛い子アザラシの姿が見られるかもしれません。

2月から3月にかけて、羅臼では、バードウォッチングとセットになった流氷クルーズが実施されています。猛禽類であるオオワシやオジロワシが魚を食べる様は目を奪われる迫力です。釧路湿原の冬のカヌーツアーでは、タンチョウやオジロワシを見ながら、ゆっくりと美しい冬景色を楽しむことができます。