アドベンチャートラベル協議会(ATTA)では、「アドベンチャートラベル」を「アクティビティ、自然、文化のうち、少なくとも2つの要素を含む旅」と定義しています。
北海道には、世界自然遺産の知床、流氷などの大自然、子供から大人まで楽しめるたくさんの自然体験型アクティビティ、先住民族アイヌの伝統、開拓時代の文化などがいっぱいです。

つまり北海道は、この3つの要素を全て備えているのです。
アドベンチャートラベルに最適な目的地、北海道の魅力をご紹介します!

独特な地形、雄大な自然

北海道は、日本列島を構成する主要5島の最北端に位置し、アイルランドやオーストリアとほぼ同じ面積を有する島です。東西500km、南北400kmにわたる広大な陸地を、太平洋、日本海、オホーツク海の3つの海が取り囲んでいます。山、森、湖、湿地、川などの自然が織りなす風景は、本州にはないダイナミックな魅力にあふれ、アドベンチャートラベルの可能性が無限に広がっています。

北海道には、世界自然遺産の知床をはじめ、6つの国立公園、5つのジオパーク、13のラムサール条約登録湿地があります。また、ヒグマ、タンチョウ、キタキツネ、エゾシカなど、日本ではここでしか見られない野生動物が数多く生息しています。

北海道は四季がはっきりしていて、どの季節も五感をフルに使って楽しむことができます。夏は北海道の最高峰である旭岳の雄大な眺め、世界有数の透明度を誇る摩周湖など、まさに絶景を堪能できる季節です。夏のニセコもお勧めです。蝦夷富士(「蝦夷」は北海道の古称)と呼ばれる羊蹄山の麓でアクティビティを楽しんだり、「積丹ブルー」と呼ばれる独特の青色を帯びた、“知る人ぞ知る”海の楽園を探索することもできます。

秋の訪れが早い北海道。大雪山はこの季節に是非訪れたい場所の1つです。黄色や赤に染まった山々の姿は感動的です。

冬は気温が氷点下になり、他では見られない魅力ある景色が広がります。流氷をはじめ、凍った湖面に咲く霜の結晶(フロストフラワー)、結氷した泡(アイスバブル)などの自然現象、また急速に冷やされた水蒸気の粒が陽の光を受けてきらきらと輝くダイヤモンドダスト、霧が凍り付いて白くなった樹木(樹氷)など、北海道ならではの貴重な体験ができるかも!

一年を通して楽しめるアクティビティ

日本は湿度の高い国ですが、北海道は例外です。年間を通して空気はカラッとしていて爽やかです。本州では6月に雨の日が続きますが、北海道には梅雨がありません。すっきり晴れた空と穏やかな気候は、屋外でのアクティビティにぴったり。天気予報を気にする必要もありません。

短いながらも美しい北海道の夏は、ハイキング、カヌー、シーカヤック、ラフティングなどを楽しむのに最高の季節。どのアクティビティでも野生動物と出会うチャンスが待っています。数多くある釣り場のどこかへ釣りに出掛けたり、サイクリングを楽しんだりと、自分のペースで快適な気候と雄大な景色を満喫できます。

冬の北海道は、ウィンタースポーツフリークの憧れの地です。ニセコをはじめとするスキー場では、スキーやスノーボードに最適なパウダースノーが楽しめます。スノーシューや犬ぞり、氷上のワカサギ釣りなどに挑戦するのも楽しいですよ。道東の網走や知床では流氷が見られ、ドライスーツを着て氷上を歩くこともできます。スリルを求めるなら、他では体験できない流氷ダイビングにトライしてみては。

文化の理解を深める

北海道の景観、天然資源、文化遺産は、どれも歴史と深く結び付いています。北海道の先住民族であるアイヌの人々は、独自の文化と言語を有し、古くから北海道で生活を営んできました。今から約150年前、明治維新により近代国家日本が誕生したとき、蝦夷地は北海道と改名され、日本の領土であるとして国際的に宣言されました。新政府主導の開拓事業により近代化が進められ、西洋の技術と文化が導入されましたが、北海道全土の開拓は、先住民族アイヌの伝統的な社会や文化にとって大きな脅威となりました。

民族共生象徴空間「ウポポイ」は、アイヌ文化に特化した初の国立博物館として、2020年に白老町に設立されました。ここでは、木彫りや伝統楽器の演奏など、さまざまな体験型ワークショップが催されています。

冷涼な気候の中で育まれた豊かな食文化と豊富な農水産物も、北海道の大きな魅力です。ラムやマトンを焼いて楽しむジンギスカンは、北海道の歴史に深く根ざした代表的な郷土料理です。その起源は日清・日露戦争後の1910年代後半に遡るとされ、当時の北海道では軍用の羊毛の需要が高まり、羊の飼育が盛んになったことで誕生したと言われています。第二次世界大戦後は地元の人々にも愛される料理となっていきました。他にも、サケと野菜を煮込んだ味噌味の「石狩鍋」など、北海道ならではの美味しい料理があります。

最近、日本のウイスキーが世界的に注目されていますが、その基礎を築いたのは北海道余市にあるニッカウヰスキーの蒸溜所です。また、北海道産の美味しい米と良質な冷水から作られる日本酒の人気も高まっています。これらの酒造所の多くで見学ツアーや試飲サービスがあります(現在は新型コロナ感染拡大により中止しているところもありますので、事前にご確認ください)。

上質のウイスキーや日本酒造りに欠かせないなのが、美味しい天然水です。道央の東川町では、大雪山の雪解け水からの地下水が生活水として利用されており、この水を求めて移住してくる人もいるほどです。また、面積の約9割を森林が占める道北の下川町は、植樹・育林・伐採のサイクルを通した持続可能な方法による森林保護と、林業での雇用を生み出す「循環型森林経営」で全国的に有名な地域です。この町ではまた木質バイオマスを利用したエネルギー生産によりエネルギー自給を実現しています。