サケやマトンを使ったご当地グルメ

北海道はカニやホタテ、ウニなどの魚介類で有名ですが、絶対に外せないのがサケです。サケと野菜を味噌で煮込んだ「石狩鍋」や、サケと季節の野菜を蒸し焼きにした「ちゃんちゃん焼き」など、様々な郷土料理にサケが使われています。

秋サケ定置網漁の水揚げが日本一の漁港として知られる道東の標津漁港では、食欲をそそる様々なサケ料理を味わうことができます。地元のレストランでは、薄くスライスしたサケの切り身を熱湯にくぐらせ、タレをつけて食べる「サケしゃぶしゃぶ」など、珍しいメニューも発見できます。また「ちゃんちゃん焼き」やルイベ(冷凍したサケの刺身)も楽しめます。

北海道のもう一つの人気メニュー「ジンギスカン」は、日本では珍しいマトンの焼き肉です。その起源は日清・日露戦争後の1910年代後半に遡るとされ、当時の北海道では軍用の羊毛の需要が高まり、羊の飼育が盛んになったことがきっかけと言われています。玉ねぎやりんごを使ったソースに漬け込んだマトンは、まさに独特の風味です。

乳製品でも有名な北海道。日本の乳製品シェアの大半を北海道ブランドが占めています。チーズ、バター、ソフトクリームなどバラエティも豊富で、その味は進化し続けています。

美味しい水、極上の酒

北海道では日本の他の地域に先駆けてビールやウイスキーの醸造が始まり、後にワインの生産も盛んになりました。近年では北海道の日本酒が注目を集めています。

酒造用の米を発酵させて醸造される日本酒は、フルーティーで豊かな香りが特徴です。かつて北海道は寒冷な気候のため良質の米が育たず、酒造りには本州産の米が使われていました。近年では北海道でも品質の良い酒米が栽培されており、地元産の酒米を使う造り酒屋が増えています。

北海道には12の酒蔵があります。増毛町の「國稀酒造」、小樽市の「田中酒造」、栗山町の「小林酒造」はいずれも1800年代後半から営まれています。風格ある古い酒蔵所が大切に保存されており、石炭鉱業やニシン漁などを経て発展してきた北海道の歴史を垣間見ることができます。酒蔵での試飲や醸造所見学も可能です(新型コロナ感染拡大により休業している施設もあるため、事前にお問い合わせください)。

極上の酒造りに欠かせないのが美味しい水です。豊かな自然環境が残る北海道には、名水で知られる場所がたくさんあります。道央の東川町では、大雪山系の雪解け水が家庭で地下水として利用されています。ミネラル豊富な水を求めて、遠くの町から東川町の給水施設にやってくる人もいます。パウダースノーで知られるニセコの羊蹄山も水源地として有名です。また利尻島の甘露泉水は日本最北の湧水地で、日本の名水百選にも選ばれています。