北海道の先住民族であるアイヌの人々は、独自の言語と豊かな文化を持ち、それがユーカラ(叙情詩)などの口頭伝承、熊の祭イオマンテ、アイヌ文様の工芸品などに反映されています。現在では、アイヌの伝統的な生活様式を続ける人はいないものの、アイヌ文化の核心はしっかりと受け継がれています。今日のアイヌの人々は、長きにわたり継承されてきた伝統に着想を得て、新たな民俗文化を育んでいます。


カムイとともに : アイヌの世界観

人間の衣食住に必要なものは、どれも自然の恵みが与えてくれるものです。しかし、自然は恵みを与えるだけでなく、去っていくものでもあります。アイヌの信仰では、動物や自然現象、さらには人間が作った道具に至るまで、あらゆるものに魂が宿っているとみなされます。動植物など人間に自然の恵みを与えてくれるもの、火や水、生活用具など暮らしに欠かせないものはみな「カムイ」であり、さらには天候さえも、アイヌの人々が敬う「カムイ」なのです。

何がカムイとみなされるのかは地域によって異なりますが、特に大切で身近なカムイとされているのが火のカムイです。火は人間に温もりと光を与え、人間の訴えや願いを他のカムイに伝えてくれます。また、ヒグマやフクロウ(シマフクロウ)も最高位のカムイの一つと考えられています。

カムイへの祈り カムイと人間のつながり

「アイヌ」とはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、「カムイ」との対比で使われます。アイヌ民族の信仰によれば、この世界は人間とカムイとが互いに関わり合い、影響を及ぼし合って成り立っています。カムイは普段はカムイの世界に住んでおり、果たすべき役割がある時、楽しみが欲しい時だけ人間の世界に入ってきます。

例えば、動物のカムイは、人間が生きていくために必要とする肉や毛皮などを与えるためにやってきます。このように、カムイは人間が生活を維持するのに必要とするもの、役に立つものを人間に与えてくれます。こうしたカムイの恵みに対して人間は感謝を捧げ、困ったときは様々な儀式の道具を使ってカムイ(カムイノミ)に祈るのです。

歌・踊り・楽器

世界の他の文化と同様に、アイヌ民族の文化も独自の伝統的な歌と舞踏を通して形作られてきました。舞踏には様々な種類があり、輪になって踊るものや、鳥や動物の動きを取り込んだ踊りなどがあります。また、男性が腕を上げ下げしながら床を踏み鳴らして舞う、厳粛で荘厳な踊りや、弓矢や剣を振りながら舞う踊りもあります。

アイヌの歌の中には、複数の女性が漆塗りの容器の蓋などの周りに円座し、蓋の縁を手で叩いて拍子を取りながら歌うものがあります。また、例えば穀物の杵つきなど、作業の様子を表現した歌、子守唄、特定の出来事の記憶を喚起するために作られた即興歌などもあります。

伝統的な楽器には、細長い板のような竹製の弁を口の中で振動させ、その共鳴で音を出す「ムックリ」や、主に樺太アイヌに伝わる弦楽器「トンコリ」などがあります。

アイヌの伝統的な歌と舞踏はユネスコ無形文化遺産に登録されており、各地の保存会もアイヌ文化の継承を後押ししています。これらの伝統芸能を研究し、新たな作品を創り出そうとしている人々もいます。

(資料:北海道観光振興機構のパンフレット「北海道のアイヌ民族」)