GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 北海道の『ウポポイ』とはどんな場所?予約制やお土産情報を解説
この記事が関連付けられているタグ:
これぞ!
HOKKAIDO

北海道の『ウポポイ』とはどんな場所?予約制やお土産情報を解説

ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化や歴史に触れられる施設としてオープンしたナショナルセンターです。北海道初の国立博物館も擁し、注目を浴びているウポポイ。その魅力をたっぷりとご紹介します。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

目次

  • ウポポイはどんな場所?
  • ウポポイが誕生した背景
  • ウポポイの中はどうなっている?
  • ウポポイの楽しみ方
  • ウポポイの入場日予約制について
  • ウポポイの施設概要
  • ウポポイは楽しみながら多彩なアイヌ文化に触れられるスポット

ウポポイはどんな場所?

ウポポイ(民族共生象徴空間)は、2020年7月に北海道南西部太平洋に面する白老町に誕生したアイヌ文化復興・発展のための拠点。先住民族アイヌの多彩な文化に触れながら子どもから大人まで楽しめる国立施設です。アイヌの世界観や自然観を学べるさまざまな展示や体験施設がある魅力的な空間です。

 

そもそもウポポイとは?

アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味する言葉です。

ウポポイが誕生した背景

ウポポイは先住民族の尊厳を尊重し、差別のない多様で豊かな文化を持つ活力ある社会を築いていくための象徴として誕生しました。アイヌ文化の復興や発展を推進するためのナショナルセンターとして、長い歴史と自然に培われてきたアイヌの文化をさまざまな角度から伝承・共有します。

ウポポイの中はどうなっている?

  • 国立アイヌ民族博物館
  • 国立民族共生公園
  • 慰霊施設

ウポポイには、3つの主要施設があります。以下でそれぞれ詳しくご紹介します。

国立アイヌ民族博物館

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館です。館内には、シアター、基本展示室、特別展示室などが設置されています。次の6つのテーマを、アイヌ民族の視点で紹介しています。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちのことば

アイヌ語や物語、地名や現在の取り組みを紹介。資料展示のほか、いろり端に座っているような気分でアイヌ語での語りを聞くことができるコーナーや、地名や会話を映像などで解説。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちの世界

あらゆるものに宿るとされる「ラマッ」(霊魂)やその中でもアイヌ(人間)にとって重要かつ強い影響力を有する「カムイ」の概念をグラフィックを交えて説明。さまざまな儀礼に関わる諸道具やその使い方の紹介も。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちのくらし

装い・食・住まい、音楽や舞踊、子どもたちの遊びなど、くらしの文化について道具や映像を通じて紹介。樹皮の衣服の作り方、実際の織機の紹介など、伝承に携わる人々の取り組みも展示。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちの歴史

アイヌ民族が語り継いできた歴史と、周辺民族が残したアイヌ民族の足跡を紹介。展示コーナーの上部壁面には、アイヌ民族に関わる事柄と年代や地図が連動する年表が表示される。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちのしごと

アイヌ民族が携わってきたしごとを紹介。前半は狩猟・漁撈・農耕・採集で使用される道具やその仕組み、後半は明治以降から行ってきたしごとや工芸品などを取り上げる。

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

私たちの交流

アイヌ民族を取り巻く周辺の諸民族との過去から現在まで交流について紹介。北海道厚岸湖出土の板綴舟(厚岸町所蔵)は展示のシンボル。世界各地の先住民族との活発な交流による文化の継承。

国立民族共生公園

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

先住民族アイヌの文化を五感で感じるフィールドミュージアムです。アイヌ古式舞踊の上演や伝統芸能体験、食文化体験や伝統工芸品の製作体験等を通じてアイヌ文化を体感できる場所となっています。

体験交流ホール

ユネスコ無形文化遺産「アイヌ古式舞踊」、ムックリ(口琴)・トンコリ(五弦琴)の演奏など、アイヌの伝統芸能の上演が見学できる。

体験学習館

アイヌ伝統楽器ムックリ、トンコリなどの演奏体験ができるほか、アイヌ料理の調理や試食を楽しめる。

工房

民工芸品製作の実演が見学でき、木彫りや刺繍の体験も可能。アイヌの伝統的な手仕事の歴史に触れられることができる。

伝統的コタン

アイヌの伝統的な家屋「チセ」群を再現。チセ内では伝統的なアイヌの暮らしを見学できる。

いざないの回廊

動植物が描かれた回廊を楽しみながらウポポイへ。自然とともに歩んできたアイヌ民族の生活・文化を感じることができる。

歓迎の広場

動植物が描かれた回廊を楽しみながらウポポイへ。自然とともに歩んできたアイヌ民族の生活・文化を感じることができる。

エントランス棟

インフォメーション、発券、休憩室などを備えたエントランス。お土産エリアやレストランも併設。

チキサニ広場

ポロト湖畔にデザインされた野外広場。伝統芸能の上演などが楽しめるエリア

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

慰霊施設

アイヌ民族による尊厳ある慰霊の実現を図るための施設。過去に発掘・収集され、全国各地の大学において保管されていたアイヌ民族の遺骨・副葬品のうち、直ちに変換できないものはウポポイに集約され、遺骨等を保管する施設、慰霊行事を行うための施設、モニュメントが設置されている。

ウポポイの楽しみ方

  • アイヌ文化を知る
  • アイヌ文化を体験する
  • 伝統芸能を楽しむ
  • お土産を買う

ウポポイは、訪れた人がアイヌ文化に触れ、体感することで、その歴史を知ることができる希少な空間です。以下で詳しく見どころをご紹介します。

アイヌ文化を知る

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

国立民族共生公園の伝統的コタンはチセ(家屋)群が再現され、アイヌの伝統的な生活を知ることができるスポットです。昔話や生活文化を口承文芸の実演、イラストや寸劇の読み聞かせを通して紹介します。

アイヌ文化を体験する

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

国立民族共生公園の体験学習館では、アイヌ料理の調理や試食による味覚体験ができるほか、ムックリ、トンコリなどの伝統楽器の体験演奏が可能です。家族でアイヌ文化に触れることができます。

伝統芸能を楽しむ

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

国立民族共生公園の体験交流ホールでは、「アイヌ古式舞踊」やムックリ(口琴)の楽器演奏など、アイヌの伝統芸能を上演しています。アイヌの伝統的な歌や踊り、楽器演奏が実際に見られる数少ない場所です。

※現在は新型コロナウイルス対策のため、演者と一緒に踊る体験の実施しておりません。

お土産を買う

提供:(公財)アイヌ民族文化財団

博物館1階やエントランス棟のショップでは、アイヌ工芸品やミュージアムグッズ、関連書籍などを販売しています。ウポポイ限定のオリジナルグッズやお菓子はお土産におすすめです。

ウポポイの入場日予約制について

ウポポイは入場日予約制(日付指定)のため、来園前日までにチケットの入手が必要です。国立アイヌ民族博物館の展示室観覧を希望する場合は、ウポポイのチケットに加え、別途オンラインによる入館日時予約しましょう。

 

入場日予約制の詳細をチェックする

ウポポイの施設概要

所在地 北海道白老郡白老町若草町2丁目3
開園時間 令和3年11月1日~令和4年3月31日
9:00〜17:00
※最終入園は閉園時間の1時間前まで
閉園⽇ ⽉曜⽇(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)
および年末年始(12⽉29⽇〜1⽉3⽇)
電話番号 059-0902
入園料 大人 1,200円、高校生 600円、中学生以下 無料
アクセス 札幌駅からJRで約65分
新千歳空港駅からJRで約40分
札幌北ICから車で約65分
新千歳空港ICから車で約40分

 

Googleマップ

ウポポイは楽しみながら多彩なアイヌ文化に触れられるスポット

ウポポイは、アイヌ文化の歴史や文化に触れられるだけでなく、体験型フィールドミュージアムとしてさまざまな体験イベントが提供され、多彩なアイヌの世界観を学べるスポットです。

アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味するウポポイは、その愛称の通りたくさんの人が集まり広がっていくアイヌの希少な精神文化継承のエコーとなるでしょう。

ウポポイの詳しいインフォメーションは公式ページをご覧ください。

 

ウポポイの公式サイトをチェックする

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

新着記事

PAGETOP