GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 北海道のオススメ展望テラス4選
これぞ!
HOKKAIDO

北海道のオススメ展望テラス4選

広大な自然や雲海・・。訪れたら忘れられない絶景が目の前に広がります。そんな絶景を見ながらゆったりした時間を過ごす事が出来る北海道のオススメ展望テラスをご紹介します。 北海道でお気に入りの絶景を見つけてみましょう!

空中にせり出す新デッキ誕生!星野リゾート トマム「雲海テラス」

季節や天候など条件が合わなければ遭遇できない自然の芸術 雲海。「雲海テラス」は、その壮大なスケールと美しさを堪能できる人気スポットで、早朝、幻想的な雲海が広がります。一面を埋め尽くす雲海が目の前に広がる景色はまさに天空の絶景!
雲海ゴンドラに乗り、約13分で雲海が広がる絶景へ。

標高1088mのテラスには、雲の形をした大きなハンモックのような「Cloud Pool(クラウドプール)」や210度の景色を見渡せる「Cloud Walk(クラウドウォーク)」など雲海を間近で鑑賞できる展望スポットがたくさん。2021年8月、「雲海テラス」が更にリニューアル!空中にせり出す 高さ12メートル、3階建ての展望デッキが誕生し、大自然が創り出す絶景・雲海をより間近で楽しむことができます。

 

特に、1階のデッキは、まるで船に乗って空中に浮いているような気分を味わえますよ。

雲海の発生確率はシーズンを通して約40%。気象条件や高さを変えることで景色や見え方も変わるので、お気に入りのスポットを探してみるのもオススメです。

ガラス張りの屋内には、雲をイメージしたスイーツやドリンクを提供する「雲Cafe」もオープン。雲をテーマにしたドリンクやスイーツを堪能しながら、景色を眺めたり、屋内のソファでくつろいだり、雲海を待つ時間も楽しく過ごせます。

 

●雲海テラス
【実施期間】2021年10月14日まで
【料 金(ゴンドラ往復料金)】大人1,900円、小学生1,200円、ペット500円 リゾナーレトマム、ザ・タワー宿泊客は無料
【住 所】占冠村字中トマム
【アクセス】新千歳空港からJRで最速90分
  車:道東道トマムICから道道136号経由で約10分
  詳しくは公式サイトをチェック
https://www.snowtomamu.jp/summer/access/

夜景と小樽の街並みと広がる青い空と海の絶景!天狗山「TENGUU テラス」

函館や札幌の夜景とともに「北海道三大夜景」と呼ばれるほど、夜景がきれいな小樽。

小樽のシンボル的な「天狗山」は、北海道三大夜景にも指定されている夜景の名所。

今年、絶景が広がる天狗山の山頂に新スポット「TENGUUテラス」が誕生!

テラスの名前は、小樽で一番空に近い場所として、「天狗」×「天空」の意味を込めて名付けられたそう。

標高532.4メートルの山頂からはTENGUUテラスが設置された天狗桜展望台から小樽の港と街を一望する眺めはまさに小樽の魅力を詰め込んだ天空の絶景!小樽の街並みだけではなく、小樽湾や石狩湾、さらには積丹半島までも見渡せるその眺めを、ゆったりとイスに座りながら楽しんでみませんか。緑あふれる自然の中でリラックスした時間を満喫できますよ。
山頂には「シマリス公園」や「鼻なで天狗さん」「TENGUU CAFÉ」など個性的な施設と眺望の異なる5つの展望台から素晴らしい景色を楽しめます。
山頂には名前にちなんだ、天狗の施設やグッズも多数用意されているので、お土産にピッタリ!
時間が少し長めにとれるなら、日中と夜景が両方楽しめる夕方頃から夜にかけて天狗山を訪れるのもオススメです。

運がよければ雲海に沈むロマンチックな夕陽も楽しめるかも!

 

●小樽天狗山
【実施期間】2021年11月3日まで
【料 金(ロープウェイ往復料金)】
大人1,400円、小人700円
【住 所】小樽市最上2-16-15
【アクセス】車:札幌から車で約60分
バス:小樽駅から路線バス(天狗山線)で20分。
天狗山ロープウエイバス停から徒歩1分
公式サイトhttps://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp

地球の息吹を感じる絶景!「Mt.USUテラス」

自然豊かで季節の移り変わりを五感で楽しめる洞爺湖。太古からの大地の変動が刻まれた壮大なジオパーク洞爺湖・有珠山周辺の眺望は絶景だらけ。

洞爺湖、昭和新山、羊蹄山という360度のパノラマが広がる空中遊覧が楽しめるのが、昭和新山の麓から有珠山山頂駅をつなぐ「有珠山ロープウェイ」。

2020年にゴンドラが新しくなって、ガラス面が広がりよりダイナミックな景色を楽しめるようになりました。さらに、ゴンドラのリニューアルに合わせ山頂展望台に「Mt.USUテラス」がグランドオープン!ソファやカフェを設置した「Mt.USUテラス」から、のんびりと絶景を眺められます。眼下に洞爺湖が一望でき、秋は一面が紅葉に染まり、その景観はより美しさを増します。

山頂展望台のデッキの一部拡張を行い、展望デッキの面積は今までの1,4倍、ソファの数は4倍になり、今まで以上に開放感のあるテラスへと変化。

展望デッキが広くなり、密集を避けてゆったりと過ごせるようになりました。

また、テラスに併設する「カフェMt.USU」では四季折々の味が楽しめる地元食材を使用したスムージーなどがお楽しみいただけます。

山頂駅からは大有珠・小有珠・有珠新山を見ながら銀沼大火口・有珠山外輪山展望台までの散策ができ、地球の息吹を感じることができますよ。

※外輪山遊歩道は冬期間(11月~4月)閉鎖となります。

●Mt.USUテラス
【実施期間】※一部施設点検のため運休期間あり。
【料 金(ロープウェイ往復料金)】
大人1,800円、小人900円
【住 所】壮瞥町字昭和新山184-5
【アクセス】車:札幌から車で約120分
伊達ICから昭和新山まで車で15分
公式ウェブサイト http://usuzan.hokkaido.jp/ja/

羊蹄山や洞爺湖を一望!ルスツリゾート「羊蹄パノラマテラス」

蝦夷富士とも呼ばれ、「日本百名山」にも挙げられるニセコエリアのシンボル・羊蹄山。羊蹄山や洞爺湖、太平洋までの広大なパノラマが一望できる「羊蹄パノラマテラス」があるのは、ルスツリゾートの橇負山(そりおいやま)。美しい緑を眼下に望みながら羊蹄ゴンドラで登った先は、大パノラマが広がる羊蹄山のビューポイント。

また、例年夏休み期間(7月下旬~8月下旬)には、期間限定で夕日便も運行し、壮大な北海道の名峰・羊蹄山が夕日に照らされた絶景が楽しめますよ。

 

●羊蹄パノラマテラス
【実施期間】2021年10月17日までの土日祝のみ
【料 金】
●ルスツリゾート遊園地券をお持ちの方は、有効期間内で何度でも利用可能です。
●ルスツリゾート宿泊の方で遊園地券をお持ちでない方は、1往復1,300円の羊蹄ゴンドラ乗車券を購入できます
 ※ルスツリゾート内への入場は、ご宿泊または遊園地入園券が必要です。
【住 所】留寿都村字泉川13(ルスツリゾート)
【アクセス】車:札幌から車で約90分
新千歳空港から車で約90分
公式ウェブサイトhttps://rusutsu.com/yotei-panorama-terrace

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 人気 旭川・層雲峡・天人峡エリア 洞爺・登別・日高近郊エリア 小樽・ニセコ近郊エリア 新千歳空港
PAGETOP