GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る。【後編】
これぞ!
HOKKAIDO

祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る。【後編】

2021年7月27日、世界文化遺産への登録が決定した「北海道・北東北の縄文遺跡群」。 世界遺産としては、自然遺産の「知床」に次いで2番目、文化遺産としては初めての登録になります。 ※新型コロナウイルス感染症の状況により、遺跡・施設の開館日時や体験メニューに変更が生じる可能性があります。お出かけの際は、最新情報をご確認の上、マスク着用や手指消毒など、感染症対策へのご協力をお願いいたします。

3北黄金貝塚(伊達市)

出典:JOMON ARCHIVES(北黄金貝塚 復元された竪穴建物)

北黄金貝塚は、噴火湾を見下ろす小高い丘の上にある縄文前期の5カ所の貝塚を中心とする大規模な集落遺跡です。

北海道に存在する貝塚の中で最大級の規模をもち、遺跡全体の保存状態も良好。多くの魚骨や貝などの他、人の墓や動物の頭の骨を集めた儀礼の跡も見つかっており、漁を中心に生活していたことを示すのも特徴です。

 

伊達市北黄金町75

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/2161

4・5入江貝塚(洞爺湖町)・高砂貝塚(洞爺湖町)

出典:JOMON ARCHIVES(入江貝塚 入江式土器)

有珠山と噴火湾を一望できる高台の上にある2つの貝塚で、縄文人の墓地や埋葬方法の移り変わりの様子が明らかになった数少ない遺跡です。入江貝塚は、縄文時代前半から後半までの集落跡の遺跡で、高砂貝塚は、縄文時代晩期の貝塚を伴う共同墓地の遺跡です。

出典:JOMON ARCHIVES(高砂貝塚 土偶)

実物の貝塚を見ることができるほか、一部復元された竪穴住居跡も見学可能。入江・高砂貝塚館には、これまで入江・高砂貝塚で出土した資料を展示しています。なかでも入江貝塚の骨の道具は北海道有形文化財にも指定されています。

 

入江貝塚:洞爺湖町入江

高砂貝塚:洞爺湖町高砂

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/267

6 キウス周堤墓群(千歳市)

出典:JOMON ARCHIVES(キウス周堤墓群 全景)

縄文時代の墓群としては最大級の規模を誇る「キウス周堤墓群」は、高い土手に囲まれた縄文時代晩期(約3,200年前)の共同墓地です。現在見つかっている9基の周堤墓のうち、大きいものは周堤の外径が80mを超えており、その大きさから、たくさんの人が何百日もかけて作り上げたと考えられています。現在、北海道以外で見つかっていない広大な墓地の集合体として、貴重な遺跡です。

 

千歳市中央

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/2160

 

周辺のグルメや観光スポットなど立ち寄りながら縄文巡りを楽しもう。

■北海道・北東北縄文遺跡群について詳しくはこちら

https://jomon-japan.jp/

 

祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る。【前編】はこちら

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 歴史 縄文文化 世界遺産 世界文化遺産
PAGETOP