北海道の冬の魅力はスキーやスノーボードに限りません。犬ぞり、ウィンターカヌー、クルーズ船での流氷観察など、他では体験できない様々なアクティビティが楽しめます。それだけでなく、ドライスーツを着て氷上を歩く流氷ウォーク、氷の下に潜るアイスダイビングにも挑戦できます。また、極寒の地でしか見ることのできない様々な自然現象を観察するツアーも用意されています。


冬のアクティビティのワンダーランド

凛とした寒さが作り出す、世界有数のパウダースノーで知られる北海道は、11月下旬から5月上旬まで雪が降り、スキーヤーやスノーボーダーにとってはまさに天国。ニセコ、トマム、キロロなどのスキー場では、バックカントリースキー体験の機会もあり、海外からの観光客に人気です。

また道内各地で犬ぞりやファットバイクにも挑戦できます。釧路湿原や支笏湖では、静まり返った冬景色の中で野鳥や野生動物を観察するウィンターカヌーが楽しめます。

地元の人々に人気の氷上のワカサギ釣りは、札幌周辺、大沼、富良野、釧路、網走、十勝などで12月下旬から5月中旬まで可能になっています。釣ったばかりのワカサギをその場でフライや天ぷらにして食べることができます。

流氷体験アドベンチャー

毎年2月頃に知床半島周辺に押し寄せる流氷は、たくさんの貴重な栄養分を北海道の海に運んできます。

それほど緯度が高いわけではない北海道で観察される流氷は、他では見られない特殊な自然現象です。流氷を間近で見られるクルーズ船が、紋別、網走、羅臼の3カ所から運航されています。網走と紋別では、流氷を力強く砕いて進む砕氷船に乗ることができます。知床半島の羅臼から出航するクルーズ船に乗れば、流氷とともにオオワシやオジロワシなどの野鳥を観察することができます。また知床では、ドライスーツを着て氷上を歩いたり、流氷の周りを泳いだり、流氷の下に潜ったりなど、ユニークな体験が楽しめます。

冬の自然現象に出会う

冬にしか見られない自然現象を観察できる様々なツアーが用意されています。十勝地方の豊頃町の大津海岸では、1月から2月にかけて、宝石のように透き通った氷が海岸線に打ち上げられます。「ジュエリーアイス」と呼ばれるこの現象を間近で見られる、日帰りツアーや早朝ツアーがあります。

道東の阿寒湖では、1月から3月にかけての早朝、凍った湖面に咲いた花のように見える繊細な霜の結晶「フロストフラワー」や、湖底から湧き出た泡が氷の層に閉じ込められた「アイスバブル」などが見られます。こうした不思議な現象を観察する早朝ウォーキングツアーが実施されていて、スノーシューのレンタルも可能。大雪山国立公園にある糠平湖でもアイスバブルが見られ、1月に探勝ツアーが行われています。